魔力刻印のやり方とメリット

魔力刻印とは

闇の精霊レベルが50以上になると「魔力刻印」が利用できるようになります。
魔力刻印とは、装備に能力を付与することができるもので、対象装備アイテムの等級に応じて最大2つまで魔力刻印を行うことができます。

ここでは、魔力刻印のやり方やメリットについて紹介していくので、ぜひ攻略の参考にしてください。


▼関連記事
闇の精霊について

魔力刻印のやり方

ここからは、魔力刻印のやり方について紹介していきます。
冒頭でも説明はしましたが、魔力刻印を行うには「闇の精霊レベルが50以上」でなければ利用することができないので注意しましょう。

魔力刻印に必要なもの

魔力刻印を行うためには「魔力の産物」という素材が必要となります。
「魔力の産物」は、アクセサリーを除いた唯一等級以上の装備品を、闇の精霊にオーラ吸収させることにより獲得が可能です。

吸収させる装備品の等級に応じて、魔力の産物を獲得できる個数が変わり、等級が高いほど獲得できる個数が多くなります。

また、伝説等級以上の装備品は、部位によって獲得量が変化し、メイン武器が一番多く獲得でき、グローブとブーツが一番獲得量少なくなります。
獲得量の順番は以下の通りです。

メイン武器>補助武器>ヘルム>アーマー>グローブ=ブーツ

また、パール商店のガチャやログインボーナスからも魔力の産物を入手できることがあります。

魔力刻印

魔力の産物が用意出来たら、実際に装備品に魔力刻印を行っていきましょう。
魔力刻印は闇の精霊画面から移動することができます。

魔力刻印では、能力を付与したい装備品を選び、「魔力の産物」「シルバー」を消費することで、「魔力刻印リスト」にある能力の中からランダムで能力の付与が可能です。

また、この魔力刻印リストは、装備アイテムの部位や等級によって刻印できる能力値が異なります
刻印できる能力値については、装備アイテムをタップし、画面の左上段に表示される「魔力刻印リスト」から確認できます。

魔力刻印は、等級に応じて最大2回行うことができるので、素材が用意できる場合は、積極的に行っていきましょう。

魔力刻印の削除

新しく刻印した魔力刻印が希望のものではなかった場合、魔力刻印を削除することも可能です。
魔力刻印を削除してしまうと、魔力刻印の復旧はできなくなります。

魔力刻印の上書き・復旧

既に装備品に魔力刻印が行われている場合、刻印を削除せずとも「上書き」することが可能です。

また刻印をした際に「刻印復旧」を選択すると、刻印を行う前に付与されていたものを適応することもできるので、魔力刻印を厳選したい場合はこちらを利用しましょう。

自動刻印

闇の精霊レベルが65以上になると、狙った能力を引き当てるまで、自動で魔力刻印を行うように設定することができます。

自動刻印を開始すると、設定した魔力刻印を引き当てるか、素材が足りなくなるまで刻印を行うので、開始する際は設定をしっかりと確認しましょう。

魔力刻印のメリット

魔力刻印は、装備品の部位によって刻印できる効果に違いがあります。刻印はランダムにはなりますが、様々な効果の付与が可能です。
魔力水晶や遺物などで強化している部分をさらに伸ばしたり、強化できていない部分のカバーをしたりすることもできるので、積極的に魔力刻印を行うといいでしょう。

また、最大で2つの魔力刻印が付与できるので、キャラクターをより強化することができます。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい