現実世界から見たクラス考察【レンジャー編】

レンジャーを考察!

レンジャーは、『黒い砂漠MOBILE』に登場する遠距離型のクラスの1つです。
ロングボウ(弓)を駆使しながら戦うのが特徴で、敵を遠距離から攻撃し、近づかれる前に倒す戦闘スタイルとなっています。

遠距離からの攻撃や、範囲攻撃、機動力を活かした攻撃をすることができるので、狩りなどの多くの敵を相手にする際に活躍してくれます。また、見た目のスタイリッシュさや、エルフということもあり、人気クラスのうちの1つです。

この記事では、そんなレンジャーを現実の世界からも考察していきます!


▼関連記事
おすすめ職業とクラス一覧

レンジャー紹介動画

ゲーム内でのレンジャー

スキルで遠距離から敵を攻撃したり、広い範囲への攻撃ができたりと、狩りなどで使用する際にはかなり活躍してくれます。また、攻撃速度が速く機動力もあるので、相手を翻弄することも得意です。

優秀なクラスではありますが、遠距離からの攻撃に特化していたり、攻撃威力が高い方ではないので、PVPやワールドボスといった1個体の強い敵と対峙する場合は苦労する場面もあるでしょう。

性能評価

狩り☆☆☆☆☆
PvP☆☆☆
集団戦☆☆☆☆

※MAX☆5で評価。

現実世界とのリンク

レンジャー(Ranger)は、偵察や奇襲攻撃のための特別な訓練を受けた遊撃隊員やその部隊のことで、日本では戦隊モノの「〇〇レンジャー」と言えばイメージがつきやすいかと思います。

ゲーム内では、他のクラスにはできないような動作で攻撃を繰り出すなど、身体能力という点ではその他と一線を画す特別に訓練されたキャラクターというイメージが当てはまるのではないでしょうか。

また、森林警備員や自然保護官のことを英語で「フォレスト・レンジャー(Forest Ranger)」「パーク・レンジャー(Park Ranger)」といい、自然と関係が深いエルフ種族と現実世界がしっかりリンクしていますね。

同じエルフ種族である「ダークナイト」も自然との関りが深いクラスですが、こちらは「ナイト(Knight)」という名前なだけあって、レンジャーとはまた一味違ったキャラクターになっています。


▼関連記事
現実世界から見た種族考察【ダークナイト編】

現実世界の歴史

現実世界で「レンジャー」という言葉は、直接的にエルフ種族を指す言葉ではありませんでしたが、エルフ種族と関係の深い自然に関わる言葉であることがわかりました。

使用している武器には弓を使用するなど、物語に登場するエルフのイメージとしっかり重なります。
また、戦隊モノの「〇〇レンジャー」などにあるように、レンジャーは良くないものから私たちを守ってくれる存在であり、こちらも一般的なレンジャーのイメージと重なりますね。

物語でのイメージ、レンジャーとしての現在の意味の両方ともが繋がっているキャラクターと言えると思います。

まとめ

この記事では、レンジャーのことをゲーム内だけではなく現実世界を含めた様々な視点から考察させていただきました。

レンジャーは、「レンジャー(Ranger)」という言葉の意味やイメージをしっかり反映させたキャラクターであることがわかりました。
また、服装などにも私たちがエルフ種族に対して持つイメージが反映されていたりと細かいところまで作り込まれています。

さらに、プレイする上でも初心者にも扱いやすいクラスになっているので、まだ使ってみたことがないという人は、この機会にぜひレンジャーをプレイしてみるのはかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい