現実世界から見たクラス考察【ヴァルキリー編】

ヴァルキリーを考察!

ヴァルキリーは、『黒い砂漠MOBILE』に登場する近距離と中距離からの攻撃を得意とする初期クラスの1つです。メイン武器には「ソード」を使用し、補助武器には「シールド」を使用しています。

性別は女性ですが、攻守共にバランスの良い性能をしています。また、シンプルな操作性ではあるものの、非常に高い戦闘能力を持っており、狩りやPVPなどの幅広い場面で活躍が期待できます。

見た目的には正統派の美人というイメージですが、どこか厳かな雰囲気も醸し出しており、初期クラスの中でも特に人気のあるクラスの1つです。

この記事では、そんなヴァルキリーを現実の世界からも考察していきます!

▼関連記事
おすすめ職業とクラス一覧

ウィッチ紹介動画

ゲーム内でのヴァルキリー

ヴァルキリーは、「ソード」と「シールド」という使用している武器のイメージ通り、攻守にバランスの良い、堅実な戦闘スタイルが魅力のクラスです。

安定感のあるスキルも多く、相手との距離を縮めたり、そこから派生する攻撃のバリエーションも豊富で、初心者でもプレイできるシンプルな操作性も特徴になります。

また、「シールドスロー」や「光の審判」などの範囲攻撃に優れたスキルもあるので、PvPだけではなく狩りなどで優良なクラスと言えそうです。

性能評価

狩り☆☆☆☆
PvP☆☆☆☆☆
集団戦☆☆☆☆

※MAX☆5で評価。

現実世界とのリンク

「ヴァルキリー(Valkyrie)」自体は様々な漫画やアニメでも聞き馴染みのある言葉ではあるものの、もともとは北欧神話に登場する戦乙女ヴァルキュリャが由来で、その英語読み表記でヴァルキリーになります。

また、90年代から現在にかけて、ヴァルキリーをモチーフにした創作物やキャラクターが数多く生まれたという背景もあり、現実世界でもヴァルキリーという言葉はある程度定着しているのではないでしょうか。

アニメやファンタジー作品が好きな方は、なおさらヴァルキリー=戦乙女という認識が自然に根付いていると思います。


ちなみに公式の説明を見ると、“エリアン神の祝福により、神聖な力を駆使する”クラスとのことで、ヴァルキリーの厳かなイメージと一致します。

北欧神話のヴァルキュリャも主神オーディンに仕えている存在なので、神に仕えているという意味では『黒い砂漠MOBILE』のヴァルキリーとも通ずる部分ではありますね。

現実世界の歴史

ヴァルキリーは、先でも書いたように北欧神話に出てくる戦乙女のことを差します。ちなみにヴァルキュリャドイツ後読みはワルキューレになり、こちら聞き馴染みのある言葉ですね。

北欧神話というと壮大なイメージが先攻しがちですが、『黒い砂漠MOBILE』をはじめ、長い年月をかけて数々の作品に影響を及ぼしているというのが分かります。

ヴァルキリーしかり、ワルキューレしかり、北欧神話と言えど部分的に見てみれば意外に身近にある存在なのかもしれません。

まとめ

この記事では、ヴァルキリーについてゲーム内だけではなく現実世界での歴史などからも考察させていただきました。

ヴァルキリーは、攻守にバランスの取れた戦闘スタイルが魅力で、戦乙女という称号に相応しい、まさに戦いのスペシャリストといったクラスというのが改めて認識できたかと思います。

PvPと狩りの両方を難なくこなせる汎用性の高いクラスなので、メインキャラクターとしてはもちろんのこと、サブキャラクターとしても重宝します。

まだ未プレイの方は、ぜひヴァルキリーでのプレイを検討してください!

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい