自動釣りの方法とメリット

釣りとは?

『黒い砂漠MOBILE』では、生活コンテンツの1つとして「釣り」ができます。釣りは「採集」「伐木」「採鉱」などと違い、行動力を消費せずに行えるため、オート機能と相性が良いのが特徴です。

釣り自体のやり方は、釣りができる水辺に近づくことで専用アイコンが出現し、それをタップして行うことができます。特別なアイテムは必要なく、ゲーム序盤から楽しめるのが特徴です。

基本的にはプレイを続けていくことで自動的に釣りのチュートリアルが出てくるので、それに沿って釣りに挑戦してみてください。

自動釣りのやり方

基本的には、普通の釣りと同じように水辺に近づき、釣りを行っていきます。

魚がかかっても釣り上げずに、そのまま上記画像のアイコンの状態で放置しましょう。

しばらくすると節電モードになりますので、この画面のまま放置していれば、自動で魚を釣り上げ続けてくれます。

また、節電モードへの切り替え時間はゲーム内の「設定」→「ゲーム」から変更することができます。

自動釣りは、かかってから釣りあげるのに3分ほど必要とするため、手動操作に比べ獲得効率が落ちますが、寝る前などに行っておけば序盤のレベリングとしては充分な経験値を獲得できます。

主なメリット

自動釣りの主なメリットとしては、睡眠時間を活用できるということだけではなく、魚と経験値の両方がいっきに獲得できるという点です。

特にレベル40まで届いていない始めたばかりのプレイヤーに有効なレベリングの方法で、序盤ではモンスターを討伐する以上に経験値効率が良いのが特徴です。

また、釣りを続けていくことで、釣りの生活レベルが上昇し、魚がかかるまでの時間も短縮されます。

闇の精霊モードも活用

闇の精霊がLv.40を超えれば、闇の精霊モードが使えるようになります。上記の画面で確認をタップすれば、3時間はアプリを落としても魚を集めることができます

ただし、闇の精霊モードでは経験値が入らないため、魚の獲得だけを目的にし、レベリングのためには行わないようにしましょう。

また、闇の精霊Plusを購入すれば6時間放置も可能になるため、パールやブラックパールなどの資源が溜まっている方はこちらを利用するのもおすすめです。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

自動釣りの注意点

自動釣りを行うことで急激にレベルが上がりすぎてしまい、敵とのレベル差でドロップ品が得られなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

レベル差が広がると敵の名前の部分が灰色になり、いくら倒しても、ドロップ品と経験値が得られなくなります。

レベルを上げたくない場合は、闇の精霊モードを利用するか、採取や釣り用のサブキャラクターを作成すると良いでしょう。

釣った魚の活用方法

ここからは釣った魚の活用方法を紹介します。

納品

獲得した特定の魚は村の魚商店で納品することができます

ポーションなどの商店で普通に売却することもできますが、魚商店で納品したほうが、より多くのシルバーが稼げるのでおすすめです。

一定時間毎にリストが更新されるので、自動釣りを行った後はぜひチェックしておきましょう。

領地の食糧として活用

獲得した魚は、「食糧貯蔵」から領地の食糧として使用することができます。すぐに食糧が必要な場合などに役立つので、バックの重量を圧迫しないレベルで、売りきらずに取っておくのも良いでしょう。

図鑑を埋めるのに利用

一部の図鑑を埋めるためには魚も必要になります。図鑑へ登録できる魚があった場合は優先的に図鑑へ登録するのがおすすめです。

▼関連記事
図鑑の仕様とメリット

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい