【地域考察】美しい港町「エフェリア」について紹介

美しい港町「エフェリア」

エフェリアは、カルフェオン北部直轄領にある港町です。ベリア村と比べると非常に大きな船着き場が特徴で、カルフェオンとメディアを結ぶという重要な役割も担っています。

また、町の美しさという点でも優れており、どこまでも広がるような青い海と白い砂浜と建造物のコントラストはゲーム内トップクラスの美しさと言っても良いのではないでしょうか。

エフェリアについて

港町というイメージが大きいですが、改めて詳しく調べていくとそれだけではない個性的な特徴も多くありました。ここからは何となくプレイしているだけでは分からないエフェリアを紹介していきます。

目を引く大きなクジラ

エフェリアに入って最初に目に入るものと言えば、浜辺に打ち上げられたクジラ。何か知識が手に入るのではないかと周囲をぐるぐる回ったり、体に登ったりしたというプレイヤーも多いのではないでしょうか。ちなみに知識はないのでご注意を。

ちなみにサイズ感や顔の特徴から、おそらくシロナガスクジラではないかと思われます。現実世界ではあらゆる既知の動物の中で最大の種であり、近づくほどにその大きさに驚かされますね。

イカが良く釣れる

エフェリアは港町であるため釣りができる場所が非常に多いですが、釣れる魚の中でもイカが良く釣れるといった特徴があります。

ちなみにイカといえばクジラの主な食べものとして知られています。よくクジラの胃の中からダイオウイカが出てきたという話も聞くと思いますが、もしかしたら打ち上げられたクジラもイカを食べようとして迷い込んだのかもしれませんね。

▲船場のところの釣り場で釣りを楽しむ多くの釣人

ちなみにクエも釣れるが、熟練された漁師でも生きてるうちに連れるかどうからしく、伝説の魚と言われています。

旅行先や休養地として人気

エフェリアに住む住民の数は少ないものの、町並みが美しいため、多くの冒険者や一般人が旅行先として訪れています。

また、エフェリアでは海を見渡せるような展望がいい立派な建物が存在。その上には噴水があり、綺麗な赤い花も咲いていることから、カルフェオンの貴族が休養地として愛用しているとのことです。

▲凝った石像なども多く、細部にまでこだわりを感じられます。

エフェリアの主な住人たち

デュタフ

デュタフはプレゼント商人。いつも派手な服を着ており、カルフェオン貴婦人たちに人気の高いイケメンらしく、港の特性上、他の地域では見られないレアなものを貴族たちに販売しています。

その反面、自分が人気があるということを自覚しているナルシストな一面もあり、少しばかり人に嫌われやすい性格です。

ファビーノ・グレコ

ファビーノ、グレコは、父から譲り受けた倉庫を管理する傍ら小説家としても活動しており、海賊と拉致された女性をモチーフにした小説で爆発的な人気を得ているようです。

最高の小説家になるとの夢を抱いているものの、創作の苦痛に挫折しかける日々をおくっています。

マーリオ

マーリオは、エフェリアの港にいるラッコ族。

もともとはクリオ村に住んでおり、もっと広い世界に出たいという一念で来たらしく、今は漁船からの納品を受けているものの、やがては船長になって海を航海するという大きな夢を持っています。

まとめ

エフェリアは、美しい町並みと大きな港が特徴的な町で、ただ探索するだけでも非常に見どころのある場所となっています。実際にエフェリアみたいな場所があれば行ってみたい気がします。

様々な町の歴史や背景を知ることで、より『黒い砂漠 MOBILE』を楽しむことができますので、エフェリアのほかにも、ぜひ様々な町や村を調べてみてください!

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい