ゲーム内に登場する種族一覧

黒い砂漠の世界観

『黒い砂漠 MOBILE』の世界には、数多くの種族が存在します。
戦闘に関わる部分だけでなく、各地域に存在する村人としても登場したりと、ゲーム内の様々な場面で登場します。

また、各場面で登場する種族たちは個性豊かで、ゲームを盛り上げるに欠かせない存在です。
このゲーム内に登場する種族ですが、一体どれくらいの種類が存在しているのか。そこで今回は、『黒い砂漠 MOBILE』の世界の中にはどのくらいの種族がいるのかを調べていきます。

種族一覧

人間

純粋な人間のみの血統を持つ。全地域において最も数が多い種族。

ゴブリン

他の種族と比べて特段賢いわけではないが、悪知恵が働く。村や都市などで労働者として働くものもいる。

マンシャゴブリン

都市で見かけるゴブリンとは異なり、トレント村内の森林に集まって暮らす種族。閉鎖的で、一部のマンシャゴブリンはかなりの攻撃性を持っていたりする。

インプ

元々人間と暮らしていた種族。過小評価を受けがちで、現在は人間と敵同士になっている。

獣人

一人でいることが好きで、多人数で群れたりはしない種族。基本的には温厚で優しい性格をしている。

ドワーフ

どんな仕事も一度やり始めれば根気強くやる誠実な種族。労働者としての人気が高い。

ナマズマン

魚人間とも呼ばれる種族。カイア湖に拠点を置いている。一部のナマズマンはカルフェオンに帰化し人間の文化を学んでいる。お酒が好き。

エルフ

エルフにまつわる秘密は謎に包まれている。ほぼ全てのエルフは、カーマスリブ寺院の聖人ヘラウェンに仕えている。

ラッコ

誕生の背景が明らかになっていない種族。しかし、人間を脅かす存在ではないということは確か。

トロル

古代のトロルは人間たちを無差別に攻撃し、古代の光によって封印されたという過去を持つ。人間界で暮らしているものもいる。

シャイ

小さく可愛いらしい見た目をしているシャイ族。見た目で年齢を推測するのは困難。

クルト

突然変異インプであると考えられている種族。人間の言語を話せるクルトは少ない。

ルツム

冒険心が強く、最後までやり遂げようとする心を持つ種族。自尊心が高く、他人と比べられることを嫌う。

レッドオーク

元々オークは単一種族だったが、肌の色を巡って「レッドオーク」と「ルツム」に分離された。レッドオークはルツムのことを見下している。

亜人族

「ナーガ」や「フォガン」といった知識を持つものを指す。大半は二足歩行をし、知能が高く、独自の体系的な生活をしている。

まとめ

今回は「ゲーム内に登場する種族」を調べていきました。
『黒い砂漠 MOBILE』の世界には非常に多くの種族が存在し、今回調べただけでも15種類もの種族が存在することがわかりました。

また、種族それぞれに知識があり、種族についての歴史や、好きなもの嫌いなものを知ることができます。
種族の知識を知ることで、ゲーム内での見え方が大きく変わったりして面白いです。

興味のある方は、ぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい