黒い砂漠モバイルのボス考察【臆病なベグ編】

臆病なベグを考察!

今回のボス考察記事は、「臆病なベグ」についてお届けしていきます。

前回記事、ボス考察【ギアス編】については、以下のリンクから見ることができますので、まだ読んでいない方や気になった方はぜひご覧ください。


▼前回の記事
黒い砂漠モバイルのボス考察【ギアス編】

では早速、「臆病なベグ」について調べていこうと思います!

臆病なベグとの戦闘

臆病なベグは、3番目に戦闘できるようになるボスで、道中には「祭壇インプブロウラー」といった敵も登場します。

戦闘では、先端にフックのついたチェーンを使用して攻撃をしてきます。「レッドノーズ」や「ギアス」などとは違い、チェーンを投げ攻撃してくることもあるので、距離を取って戦えば安心という訳ではありません。
鎖鎌での攻撃の際には、回避を上手く使ってダメージを受けてしまわないように注意しましょう。

また、鎖鎌は投げつけるだけではなく振り回して使用することもあるので、その場合はベグから少し離れるなどの対策が必要です。

臆病なベグからドロップする装備品には、「ベグのグローブ」があります。


▼関連記事
討伐任務の受け方とメリット

臆病なベグに関する知識

ベグは普通のインプよりも力のある祭壇インプで、祭壇インプの中では最も大きな体をしています。

祭壇インプのボスになっているベグですが、一度はボスの座を拒否して群れから離脱したという過去を持っています。
また、群れから離脱したのには理由があり、ボスに見られる黒いオーラを見て、それを受け入れたくなかったから逃げたのではという話があるそうです。

戦闘では強力な攻撃を仕掛け、恐ろしく感じる臆病なベグですが、「黒いオーラ」が原因で今のような状況になってしまっているのですね。
臆病な性格まで変えてしまう「黒いオーラ」…非常に厄介で危険な存在です。

現実世界から見るベグ

黒い砂漠でのベグは、レッドノーズと同じ「インプ(imp)」で、 妖精、または悪魔の一種です。一般的なインプのイメージに見られる特徴の「黒っぽい肌とぽっこりしたお腹」もしっかりと反映されていますね。

インプの特徴などについては、レッドノーズの考察記事で紹介していますので、気になった方はぜひそちらもご覧ください。


▼関連記事
黒い砂漠モバイルのボス考察【レッドノーズ編】

また「ベグ(beg)」という言葉は、トルコ語で「首長」「支配者」を意味します。さらに、英語のスラング的用法では「否定する時」にbegを使うことがあるそうです。
ベグに関する知識で紹介した、「ボスの座を拒否」という部分と繋がっていますね。

つまりベグは、「インプ達の首長・支配者」でありながらも、「ボスという立場を拒否する」、強くありながらも可哀想なキャラクターであると言えるのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、ボスである「臆病なベグ」のことをゲーム内だけではなく現実世界を含めた部分からも考察させていただきました。

ベグは、強制的にボスへとさせられ、望んでもいない力を手に入れたボスであり、少し可哀想に思ってしまう人もいたのではないでしょうか。
また「ベグ」という言葉は様々な意味で捉えることができ、 名が体を表したボスとなっていました。

このようにゲーム内の細かい所には、キャラクターの背景や面白い情報が隠れていることもあるので、気になった方はぜひ細かい部分にも注目してみるのはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい