ゲーム内の種族考察【ラッコ族編】

ラッコ族を考察!

ラッコ族は、『黒い砂漠MOBILE』に登場する種族のうちの1つです。
名前の通りラッコの見た目をしており、黒い砂漠の村の住人として登場します。

べリア村にいる商人のクリオなど、村の住人として生活しているラッコ族を初めて見て、その姿に衝撃を受けた人は多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなラッコ族を考察していきます!


▼関連記事
【地域考察】はじまりの地「ベリア村」について紹介
ゲーム内に登場する種族一覧

ラッコ族の特徴

記事の冒頭でも触れましたが、「ラッコ族」はその名の通りラッコの見た目をしています。身長もおよそ120cmほどで、ぱっと見た感じだと容姿はほとんど現実世界のラッコそのままといった印象です。

細かい所まで見ていくと、実際に存在するラッコよりは腕は大きく、手についている爪も長くなっています。
話始めるときや、話の最後に「キッ!」「キッキッ!」と言う特徴的な話し方をします。

ゲーム内でのラッコ族

海や川などの水辺の近くを生活の拠点として選んでいる傾向があります。というのも、ラッコの主食は魚となっているため、必然的に海や川などの水辺が近い地域を選ばざるを得ないようです。

様々な地域で生活しているラッコ族ですが、ラッコ族の大多数はカルフェオン南西部のクリオ村で生活しています。

また、ラッコ族と話してみると感じる人もいるかもしれませんが、ラッコ族は非好戦的でのんびりとしている印象を受けます。見た目や、キッキッ!といった特徴的な話し方がそうさせているのでしょうか。

ラッコ族に関係する知識

ラッコ族は、今のところ誕生の背景は明らかになっていない種族となっていますが、人間を脅かす存在ではないということは確かです。

釣りをすることが大好きで、釣りをしないと生きていけないというほどの釣りマニア。
釣り以外にも泳いで魚を取ることもできるそうですが、ラッコ族の非常にのんびりとした性格的に、泳いで取るよりは静かな場所で釣りをする方が好きなようです。

しかし、こののんびりとした性格が原因で、現在ラッコ族は絶滅の危機にさらされています。
他種族に害を加えられたということも理由の一つではありますが、大きな理由としては、種族の繁栄を気にかけず、問題が発生してもどうにかなると思ってしまう楽観的な部分があるからだそうです。

様々な種族が存在する黒い砂漠の世界で、この性格でよく今まで絶滅せずにここまでこれたということに少し驚きですね…。
でも、ここまでこれたということは、これからも何とかなるのかな…?

まとめ

この記事では、「ラッコ族」のことを様々な角度から考察させていただきました。

ラッコ族は、黒い砂漠の世界の中で見た目にとてもインパクトのある可愛い種族であると同時に、絶滅の危機にさらされているという種族ということがわかりました。
しかし、種族絶滅の危機にさらされているのにも関わらずどこか楽観的で、ついついこちらが心配してしまうような愛されキャラクターとなっていましたね。

ラッコ種族以外にも、ゲーム内には調べていくと面白い種族がたくさんいるので、興味のある方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい