ゲーム内の種族考察【ドワーフ編】

ドワーフ族を考察!

ドワーフ族は、『黒い砂漠MOBILE』に登場する種族のうちの1つです。
身長は少し低めですが恰幅のよい体つきをしており、黒い砂漠モバイルでは村の住人や敵として登場します。

領地内にある装備工房(鍛冶屋)のドワーフなどは、みなさんもよく目にしたことがあるのではないでしょうか。

この記事では、そんなドワーフ族を考察していきます!


▼関連記事
ゲーム内の種族考察【ラッコ族編】
ゲーム内に登場する種族一覧

ドワーフ族の特徴

「ドワーフ族」は、他の種族と比べて身長が小さい方で、人間よりも小さい姿でゲーム内に登場しています。身長が小さいドワーフ族ですが、小さい身長ながらも筋肉はしっかりついており、屈強な種族といった印象です。

私たちが普段イメージするような、童話やファンタジー作品などで登場する「ドワーフ」のイメージそのままといった感じなのではないでしょうか。

ゲーム内でのドワーフ族

ドワーフ族は、ゲーム内の様々な場所で姿を見ることができます。領地内に建設することができる、装備工房(鍛冶屋)のトラナン・アンダーフォーもゲーム内に存在するドワーフのうちの一人です。

その他にも、「古代語の解析家 ラフィー・レッドマウンテン」「動くドワーフ石像」など、様々なドワーフに関連するものが見られます。

「動くドワーフ石像」とは会話をすることはできませんが、どのドワーフも話をしてみると、一生懸命で真面目な印象を受けます。
黒い砂漠の世界でも、ドワーフ族というものはしっかり者なイメージになっていることがわかりますね。

ドワーフ族に関係する知識

ドワーフ族は、どんな仕事も一度やり始めれば根気強くやり、様々な方面から誠実だと評価されています
ジャイアントほど力があるわけではありませんが、正直な性格でさぼらないため労働者としての人気が高いです。ちなみに、ジャイアントほどの力はないと言っても、片手でツルハシを振り回すほどの強い力を持っています。

また、ドワーフが労働者として人気なのは、力があり性格が良いというだけではありません。破壊と製作には驚くほど優れた才能があり、優れた技術力も持ち合わせているというのも人気の理由の一つになっています。

黒い砂漠の世界にある巨大な都市や大きな建造物の製作などは、もしかしたらドワーフ族が関わっているのかもしれませんね。

まとめ

この記事では、「ドワーフ族」のことを様々な角度から考察させていただきました。

ドワーフ族は、ゲーム内では決して目立つ存在ではありませんが、誠実で様々な方面から信頼されている種族ということがわかりました。
派手ではなくても与えられたことはきちんとこなす、黒い砂漠を支える縁の下の力持ちのようなキャラクターと言えるのではないでしょうか。

様々な種族が共存して作られている黒い砂漠の世界。ドワーフ種族以外にも魅力のある種族がたくさんいるので、ぜひみなさんも様々な種族について調べてみてはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい