ゲーム内の種族考察【ナマズマン編】

ナマズマン種族を考察!

ナマズマンは、『黒い砂漠MOBILE』に登場する種族のうちの1つです。
二足歩行をするナマズのような見た目をした生き物で、黒い砂漠モバイルでは敵や村の住人として登場します。

ナマズマンキャンプなどで立って歩くナマズマンを初めて見た時、衝撃を受けた人も多かったのではないでしょうか。

この記事では、そんなナマズマンを考察していきます!


▼関連記事
ゲーム内の種族考察【ドワーフ族編】
ゲーム内に登場する種族一覧

ナマズマン種族の特徴

「ナマズマン種族」は、名前の通りナマズのような見た目をしています。しかしながら、体は大きく人間よりも一回り以上も大きいです。

ナマズの見た目で大きな体つきをしているせいか、見た目だけの印象では少し恐ろしそうな印象を抱いてしまいます。
しかし、恐ろしそうではありつつも、どこか柔らかな印象を受けるのは「ナマズマン」という名前のせいでしょうか。

ゲーム内でのナマズマン

ナマズマン種族は、主にカイア湖で生活をしています。拠点はカイア湖にありますが、ナマズマンキャンプなど、その他の地域でもナマズマン種族を確認することが可能です。

少し怖そうな見た目のナマズマンですが、会話をしてみると意外と朗らかで優しい印象を受けます。
また、気が弱いナマズマンもおり、繊細な一面を持ち合わせていることもわかりました。

ナマズマンに関係する知識

ナマズマンは、ゲーム内では魚人間とも呼ばれています。
また、大きな体を持つナマズマン種族ですが戦闘力がなかなかあり、ルツムやレッドオークよりも一枚上とカリス議会に判断されているようです。

最近はカルフェオンがナマズマン種族を帰化推奨しており、一部のナマズマンはすでに帰化し人間の文化を学んでいます。
ちなみに酒も嗜むようで、お酒であれば種類を問わず好きとのこと。

戦闘力を持つ種族でありながら、違う種族について学び文化に触れるなど、なかなかに好奇心旺盛な種族であるということがわかりますね。

まとめ

この記事では、「ナマズマン種族」のことを様々な角度から考察させていただきました。

ナマズマンは、見た目のインパクトや怖い見た目から受ける印象とは違い、朗らかで好奇心旺盛な種族ということがわかりました。
ナマズマンの性格などを知ってみると意外と可愛く見える、黒い砂漠の世界の癒し的存在と言ってもいいのではないでしょうか。

このように黒い砂漠の世界では、種族ひとつをピックアップしてみても特徴的で面白い種族が存在します。この他にも魅力のある種族はたくさんいるので、ぜひみなさんも調べてみてはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい