黒い砂漠モバイルのボス考察【黒いたてがみ編】

黒いたてがみを考察!

今回のボス考察記事は、「黒いたてがみ」についてお届けしていきます。

前回記事、ボス考察【ケルカス編】については、以下のリンクから見ることができますので、まだ読んでいない方や気になった方はぜひご覧ください。


▼前回の記事
黒い砂漠モバイルのボス考察【ケルカス編】

では、ここからは「黒いたてがみ」について調べていきます!

黒いたてがみとの戦闘

黒いたてがみは、9番目に戦闘できるようになるボスで、道中では「古代トロルウォーリア」や「興奮したトロルエリートウォーリア」といった敵が登場します。

戦闘では、黒いたてがみは棍棒のような武器で攻撃をしてきます。
基本的に黒いたてがみの攻撃は、この棍棒のようなものを振り回して攻撃するか、自身の近くに衝撃を与えて攻撃するかの2択。

黒いたてがみ自身の攻撃はそれほど恐怖ではありませんが、フィールドが狭いくなっていることに加え、フィールドに石が飛んでくるため思わぬ所でダメージを受けてしまうことも。
戦闘の際は、長引かせずに可能な限り早く討伐するのがおすすめです。

黒いたてがみからドロップする装備品には、「スカラーネックレス」があります。


▼関連記事
討伐任務の受け方とメリット

黒いたてがみに関する知識

黒いたてがみは、トロル族のボスとなっています。普段はやさしいと言われていますが、このやさしさは同じ種族のトロル族に限ってのことのようです。
暴れるととても危険で、黒いたてがみが一度暴れたところは廃墟になると言われています。

また、黒いたてがみは深く考えるよりは思った感情をそのまま表に出すことを好んでいます。

見た目からはそれほど狂暴そうな印象は受けませんが、一度暴れると廃墟になってしまうほどの力を持っていると思うとかなり恐ろしいですね。

現実世界から見る黒いたてがみ

黒いたてがみは「トロル(troll)」で、トロルはノルウェーの伝承に登場する妖精の一種です。一般的なイメージとしては、大きな体で怪力があり狂暴、醜悪な容姿をしており、知能はあまり高くありません。

黒い砂漠の世界のトロルも、一般的にイメージされるトロルと同じような特徴をしています。しかし、たてがみが特徴的なトロルは現実世界にはおらず、黒い砂漠オリジナルの要素ということがわかりますね。

つまり黒いたてがみは、「トロル」という一般的なイメージをしっかりと反映したキャラクターであると同時に、「たてがみ」という特徴的な要素をプラスしたオリジナリティーのあるキャラクターということが言えるのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、ボスである「黒いたてがみ」のことをゲーム内だけではなく現実世界を含めた部分からも考察させていただきました。

黒いたてがみは、私たちが普段よくイメージする一般的なイメージのトロルでありながら、「黒いたてがみ」という特徴的な要素をプラスした一目見ただけで印象に残るボスということがわかりました。

黒い砂漠の世界では、このように黒い砂漠でしか見ることのできないオリジナリティーのあるキャラクター達が登場するので、気になった方はゲーム内に登場するキャラクターについて調べてみてはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい