黒い砂漠モバイルのボス考察【ゲハク編】

ゲハクを考察!

今回のボス考察記事は、「ゲハク」についてお届けしていきます。

前回記事、ボス考察【サウニール攻城隊長編】については、以下のリンクから見ることができますので、まだ読んでいない方や気になった方はぜひご覧ください。


▼前回の記事
黒い砂漠モバイルのボス考察【サウニール攻城隊長編】

では、ここからは「ゲハク」について調べていきます!

ゲハクとの戦闘

ゲハクは、11番目に戦闘できるようになるボスで、道中では「ジャイアント族エリートウォーリア」や「ジャイアント族ファイター」といった敵が登場します。

戦闘中は、こん棒のような武器を使用し振り回したり、突進攻撃をしてきたりします。

また、突進攻撃には武器を持ちながら回転攻撃してくるものもあり、攻撃範囲が広いうえに素早いです。
攻撃のタイミングで一瞬タメができるので、上手く回避をするか、耐久できるようなクラスで挑戦するといいでしょう。

ゲハクからドロップする装備品には、「ジャイアントのリング」があります。


▼関連記事
討伐任務の受け方とメリット

ゲハクに関する知識

ゲハクは、ジャイアント族のボスとなっており、ジャイアント族の中でも非常に強力な力を持っています。
というのも、ジャイアント族は年に一度、部族内で一番強いものと戦わなければならず、それに勝ったものだけがボスになることが可能ということだそうです。
ゲハクはその勝負に長年勝ち続け、無数の挑戦者たちを打ち倒して今の座にいます。

戦闘能力の高いジャイアント族というだけでなく、さらにその中でも長年の間強い存在であり続けている恐ろしい力を持ったボスということがわかりますね。

現実世界から見るゲハク

ゲハクは「ジャイアント(Giant)」で、ジャイアントは「巨人」や「大男」を意味する英単語です。元はギリシャ神話に登場する巨人族「ギガス(gigas)」が語源となっています。

ジャイアントに関する内容は、クラス考察ジャイアント編で紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください。


▼前回の記事
現実世界から見たクラス考察【ジャイアント編】

ジャイアントと聞いてイメージするものは、大きくて力があり、自身の体を活かした大胆な戦闘などではないでしょうか。
ジャイアントの語源となっている巨人が登場するギリシャ神話では、山を投げ飛ばして攻撃するなど、自身の持つ怪力を武器に敵と戦ったようです。

ゲハクもギリシャ神話に登場する巨人と同様に、自身の持つ力を活かして突進や武器を振り回すなど、大胆な戦闘をしていますね。

つまりゲハクは、 「ジャイアント(巨人)」というイメージを、見た目だけではなく、戦闘の面でも反映されているキャラクターということがわかるのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、ボスである「ゲハク」のことをゲーム内だけではなく現実世界を含めた部分からも考察させていただきました。

ゲハクは、ジャイアントの持つ「強い」といったイメージを知識だけではなく、ゲーム内の戦闘部分にもしっかりと反映させたキャラクターとなっていることがわかりました。

このゲハクの他にも、作り込まれた戦闘を楽しめるボスがたくさんいるので、気になった方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい