ゲーム内の種族考察【獣人編】

獣人族を考察!

獣人は、『黒い砂漠MOBILE』に登場する種族のうちの1つです。
体は一般的な人間のような姿をしていますが、頭にツノが2本あるのが特徴的。黒い砂漠モバイルでは様々な村で、住人として獣人達の姿を見ることができます。

ゲームスタートの村となるベリア村にも登場する種族で、その特徴的な姿が印象に残っている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな獣人について考察していきます!


▼関連記事
【地域考察】はじまりの地「ベリア村」
ゲーム内に登場する種族一覧

獣人族の特徴

「獣人族」は、人間よりも少し大きい体をしており、見た目でもわかるように頭にある2本のツノが特徴的です。
顔にあるツノや獣らしい顔つきということを除けばさほど人間と変わりはなく、会話も問題なくすることができます。

また、獣人族の頭にあるツノですが、このツノの形はみんな同じではなく個人によってそれぞれ形が違い、長かったり短かったりと様々です。

同じ獣人族でも結構違うものがあったりするのは、遺伝的なものなのでしょうか。

ゲーム内での獣人

獣人族は、ゲーム内の様々な村で生活しているのを確認することができます。
ベア村に定着している「ゼルニル」や、フォガン退治研究に熱心な「デルニール」、冒険者だった「インカス」など、他にも数多くの獣人たちが黒い砂漠の世界には存在。

どの獣人族もおとなしい性格ですが、各地域でそれぞれ違った活動をしているのは、獣人族が持っている強い好奇心が影響しているようです。

おとなしいが好奇心があり、物事に対し熱心になれる性格。これだけでも獣人族が、良い存在であることが伝わってきます。

獣人に関係する知識

獣人族は基本的に温厚で優しい性格をしており、多人数で群れるよりは一人でいることが好きなようです。

口も上手く人気者ですが本音はなかなか口にしないようで、正直者で熱い性格のドワーフ種族からはあまりよく思われていない様子…。

他の種族からの悪い評判はないのに、ドワーフ種族からは嫌われてしまうというのには何か特別な理由があるのでしょうか。少し気になってしまいますね。

まとめ

この記事では、「獣人族」のことを様々な角度から考察させていただきました。

獣人族は、特徴的な見た目で変わった種族という印象を抱きそうですが、温厚で優しく人気のある種族ということがわかりました。しかし、一部の種族からあまり良く思われていないなど、苦労をしている一面も。

このように、黒い砂漠の種族たちを調べていくと、黒い砂漠の世界全体の様子が見えてきたり、新たな発見があったりもするので、気になった方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

GameMonster

【2019】最強の神ゲームまとめ

  • 現役ゲーマースタッフが厳選!無課金で楽しめる今が旬の神ゲーをPICK UP!

    GameMonster

あわせて読みたい